採用サイトを作ろう!

他企業と差別化のために採用サイトを作ろう!

ぜひ、一度は採用サイトを制作するべき

新入採用にしても、中途採用にしても、これだけネット社会が普通になれば、採用する企業側も昔のように採用カタログだけを作れば良い時代ではなくなりました。
HPのついでにリクルート枠として求人や採用項目を設けていることも多いのですが、それだけでは期待するような良い人材が集まらないのが現状です。
自社サイトの充実としてHPの充実はもちろんですが、別に採用サイトを制作したほうがより企業の魅力を事細かにアピールすることが必須でしょう。何とかネットの特性を活かして良い人材を確保したいのはどの企業も同じですが、実際に実行されているのかといえば、なかなか難しいところです。

小さな企業では、HPとは別に採用サイトを作る予算が厳しいということで制作をしないところもありますが、中規模企業以上になれば、だいたいは採用サイトを活用しているところが多くなっています。

応募する側、特に学生側から見ても、「この企業に応募したい」と思うまでに、一生懸命HPを見たり、セミナーなどに参加したりして情報を集めています。何か、一つでも詳しい情報が欲しいと思っているのです。そうなると、採用サイトがあれば、他の企業との差別化にもなりますし、それだけ採用に力を入れているというアピールにもなります。
また、企業のイメージを多角的に伝える役割もあるため、HPとはまた違った内容で制作できるメリットがあるのです。
特に、堅いイメージの企業の場合、HPだけでは伝わらない柔軟さなどをアピールするのにはもってこいです。採用サイトはHPと違い、求人だけに特化したアプローチができるからです。

もし、採用サイトの制作をしていない企業があれば、ぜひ、採用専用のサイトを制作してみましょう。


良い制作会社に依頼することは欠かせない条件

採用サイトが成功するためには、良い制作会社に依頼することは欠かせない条件です。当たり前かもしれませんが、サイトの出来次第で左右されます。

人材不足はどの業界でも問題となっており、採用にかかる費用は年々増加しています。多少制作費用が高額であったとしても、採用率が高ければ費用対効果は高くなります。
制作会社を選択する際は費用だけで決めず、実績や評判も考慮して決めるようにしましょう。