求職者を惹きつけるサイト

誰もが見入ってしまう、求職者を惹きつけるサイト

デザイン、アイデアが盛り込まれることが基本

就職や転職は企業が人材を選ぶのですが、応募をする際には求職者が企業を選ぶ立場になります。良い求職者が多くの企業の中から一企業に目を留めて、内容に興味を持ってくれなければ応募までには至らないからです。

完全に今は売り手市場になっています。

そうなると、いかに魅力的な採用サイトを作り、いかに採用サイトの内容が求職者を惹きつけられるかが勝負だといえます。
採用サイトを制作・公開すれば、その時点から企業は求職者を待つ身になってしまうわけです。
だからこそ、どうやって求職者を惹きつけるサイトをつくるかということは、とても重要になります。

最適な採用サイトを作成するためには、制作専門会社に任せたほうが適任です。他視点でアドバイスをしてくれたり、いろいろな企業を見てきたりしている実績もあるでしょうから、新しいアイデアが期待できるでしょう。

採用サイトは、求職者の目に留まり、最後までじっくり見てもらえるようなサイトでなければエントリーにまでつながりません。採用サイト作りに慣れている制作専門会社なら、デザイン性の優れたものやギミックを取り入れた何らかの仕掛けを作ってくれるはずです。
基本はそこが土台としてあってから、いかに自社の社風や製品、社員、実績、展望などをアピールできるかにかかっています。単なるステレオタイプの説明では、求職者には響きません。

売り手市場といった通り、求職者は多くの企業に足を運び、直に説明会や面接で担当者とも会っています。その、耳が肥えているともいえる状況から選んでもらわなければならないのです。制作専門会社と二人三脚で知恵を絞りましょう。

魅力がなければ、人が集まらない

人材募集の際には、応募者の人数がまず集まらないことには話になりません。

会社に魅力があるかどうかでいえば、魅力がないと判断されていることになります。勤務条件等の問題も確かにありますが、求職者を惹きつける魅力的なサイトになっていないことも大きな原因だといえるでしょう。