制作の費用

どの程度を求めるかで違う制作の費用

費用のランクはいろいろ

中小企業こそ、自社の採用サイトを友好的に活用し、人材確保を行うべきではありますが、問題となるのは制作費用です。
採用担当者や人事、社長など、デザインについての知識やWEB制作の知識などがない場合は、制作専門会社に依頼するのが一番おすすめですが、その制作専門会社も数多く存在し、依頼をすること(見積りをすること)もひと苦労かもしれません。
ネット上で一括見積りをするとしても、そこでの基準もわからないでしょう。

そこで、提案したいのは、他社の採用サイトを見て、よくできていると思ったら、その制作専門会社に見積りを依頼してみることです。

これもこまめに見ていると時間はかかりますが、デザインセンスやコンテンツの組み立てでセンスがわかり、何となく合いそうな感じがわかるものです。
しかも、費用優先で内容は二の次と思うか、やはり内容で比較して、費用がかかっても仕方ないと思うかで採用サイトの出来も変わってきます。

費用のランクはいろいろあり、10万円以下、10~50万円以下、50~150万円以下、150万円以上が一例です。高くなればなるほど、ブランディングを含めた経営戦略に関する部分にまで踏み込んでいくために、コンサル料が入ってくるために制作費として高くなっていきます。

まずは、頭で考えているより制作専門会社に見積りを出してもらい、この費用ではどこまでできるという説明を受けると、費用と制作の基準がわかってくるのではないでしょうか。

お付き合いのある企業を介して費用を知る

採用サイトで失敗は困ります。お付き合いのある企業に制作専門会社を紹介してもらう方法も一つです。
そうすれば、企業で制作した実物があり、費用も教えてもらえる場合がありますから、安心でわかりやすいでしょう。

ネット上でもいろいろな制作専門会社が例として費用を出していますから、採用担当者はお任せ姿勢ではなく、自分で研究をすることも必要です。ここから勝負が始まっています。