PDCAサイクルによるアクセスログ解析とWebサイト運営はお任せ下さい。[サイトマスター.jp 愛知、名古屋を中心にサービス提供中]

HOME > Webマーケティング支援 > アクセスログ解析 > アクセスログ解析のPDCAサイクル
アクセスログ解析

アクセスログ解析のPDCAサイクル

徹底的な情報の洗い出し(P,C)

細部にわたるアクセスログ解析が最適なプランニングを可能にします。

次の成功要件がどこに潜んでいるかは、アクセスログ解析を丹念に行わなければ見つかるものではありません。

大雑把な情報収集の結末は、大雑把な仮説と大雑把な結果です。

サイトマスター.jpは、ロングテールキーワードも含めた情報の洗い出しを行うことで、最適なPLAN形成を可能にします。

実行可能な改善提案(D)

サイト方針やブランディングに基づくアクセスログ解析で具体的改善提案を可能にします。

サイトの方針や目的が定まらない中、いくらアクセスログを解析しても、現状認識にとどまってしまいます。
戦略的に活用されていないWebサイトは、あら探しに終わることが多く、改善も限定的になり大きな効果を生み出すことはありません。

サイトマスター.jpは、サイトを戦略的に捉えなおす中でアクセスログ解析を行いますので、実行可能な効果を生む改善提案としてお返しすることが可能です。

別な切り口の発見(A)

アクセスログ解析から思わぬメリットを享受していただけます。

アクセスログを分析する中で、想定していなかったユーザー層からの想定していなかったニーズを発見することがあります。

それは偶然のオファーであると捉えることができ、創造的・発展的に解釈することで、チャンスを逃すことなく対応していくことが可能です。

一般家庭向きの商品が、Webサイトを通じて大手ゼネコンと大学との共同開発プロジェクトに採用された事例もあります。

ログを漫然と見ていれば、失っていたチャンスです。

まずはお気軽にお問い合わせください

[3]アクセスログ解析のケーススタディ

PAGE UP