ウェブシステム/WEBシステム Java,CGI,PHP,データベース,PerlからオープンソースまでWEBシステム構築を先進技術でサポート[愛知県、名古屋市]

HOME > システム開発・構築 > Webシステム開発・構築 > WEBシステム活用事例のケーススタディ
Webシステム開発・構築

WEBシステム活用事例のケーススタディ

汎用的なモジュールの組み合わせで実現するサイトマスター.jpのWEBシステムは、お客様の多様なニーズやミッションにお応えします。おすすめのWEBシステム活用事例をご紹介するとともに、お客様のサイトへ導入の際に参考にしてください。

ケーススタディ.01 会員サイトで顧客満足度向上

商品を購入後のアフターフォローに会員サイトを導入される企業様が増えています。
最新情報の提供や問合せの窓口として、会員様専用の特別サイトでおもてなしが必要な時代になりつつあります。
セキュリティの問題や基幹システムとの情報連携、解りやすいかつデザイン性のあるサイトが企業ブランディングを考慮する上では、非常に重要になります。

ケーススタディ.02 不動産サイトでの活用事例

最新物件を即時アップで、商談の機会損失を防ぎたい。
もはや位置情報を活用した物件情報をデータベース化は、不動産業では必須のツールとなり進化も進んでいます。
携帯電話から商談の状況なども更新することが出来ますので、不動産営業マンにとっても活用シーンはさまざまな方法が考えられます。
また、会員制のサイトを構築し、お客様のご要望をデータベースに格納しておけば、お客様の要望にあった物件が見つかった場合に自動でメール転送するなど可能になります。

ケーススタディ.03 ハウスメーカーや住宅リフォーム会社サイトでの活用事例

工事進捗を、写真付きで掲載したい。
例えば、施主様専用サイトを構築して、頻繁に現場に足を運べない施主様に変わり、工事の進捗を会員サイトでリアルタイムに掲載します。
サイト管理者側は、パソコンあるいは現場で携帯から更新するなど、まさに施主様の目となり足となり工事現場の状況を報告・管理します。webシステムを使用した行き届いたサービスが、更に顧客を増やし成約率に貢献します。

ケーススタディ.04 飲食店での活用事例

お店の季節ごと、日替わりメニューなどの写真・テキストを自分で更新したい。
飲食店のサイトは、季節のメニューあるいは様々なイベントメニューなど更新が頻繁に発生します。
日々変化するメニューをお客様にアピールすることが出来れば、集客アップに結びつけることが可能です。
もちろんサイトからの予約受付機能、メールによるイベント告知など活用方法はさまざまです。
html等の知識がない方でも、簡単なレクチャーでページの更新が可能です。

まずはお気軽にお問い合わせください

[3]ウェブ開発フレームワーク

PAGE UP