継続的なSEO効果となるWeb標準化サービスはお任せ下さい。[ サイトマスター.jp - 愛知県名古屋市を中心にサービス提供中 - ]

HOME > Webサイト制作・運営 > Web標準化サービス > Web標準化による継続的なSEO効果
Web標準化サービス

Web標準化による継続的なSEO効果

検索エンジンの特徴

サイトのコンテンツ構造から見直すWeb標準化がSEO対策とLPO対策にもつながります。

いわゆるSEO業者による検索エンジン対策は、導入コストもハードルが低く取り組み易いですが、時としてスパムサイトと認識されるなど悲惨な結果を生むことがあります。場合によっては、半永久的にサイトがまともな順位に掲載されなくってしまう事態に陥る場合があります。

サイトマスター.jpのWeb標準化は、SEOだけでなく、そもそもアクセシブルなサイトを目指しているため、より多くのキーワードでの対策につながり、LPOの観点からも間違いのないサイトが構築できます。

W3Cとインターネットの動向

CSR観点からのWeb標準化ニーズが高まっています。

W3C(*1)は、今後もさらなるインターネットの発展のために、Web標準化を推し進める意向です。
特に公共性の高いサイトについては、Web標準化を図り、視覚障害者の方でも情報を不自由なく獲得できる状態にすることをお勧めします。

*1.W3C(ダブリュースリーシー):World Wide Web Consortium(ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム)の略。WWWで利用される技術の標準化をすすめる団体。

まずはお気軽にお問い合わせください

[3]Web標準化のケーススタディ

PAGE UP