運営サポートや部分的CMS化による運用を重視するWebサイト運営のケーススタディ。[ サイトマスター.jp - 愛知県名古屋市を中心にサービス提供中 - ]

HOME > Webサイト制作・運営 > サイト運営サポート > サイト運営サポートのケーススタディ
サイト運営サポート

サイト運営のケーススタディ

Case01 大学サイトの部分的CMS化

サイトの全面リニューアルを考えていた大学サイトでは、定期的な情報発信を必要とするコンテンツが多く、クライアント様も全面的な総ページCMS化を望まれていました。
しかし、コストメリットの観点から、部分的CMS化をご提案させて頂き、結果としてページの表現力を損なうことなく、運営効率の高いサイトへリニューアルすることができました。

Case02 新商品案内サイトの運営サポート

既存の商品案内サイトの案件でした。営業が担当していたサイト運営も、客先へのプレゼンで忙しくなったため、更新が滞っていました。

PVもかなり落ち込み、その分細かな情報伝達も、メルマガや営業マンによる説明が必要となり、さらに更新を滞らせる悪い循環に陥っていました。

そこで、サイト運営スタッフの派遣と、運営フローの明確化を通じて、動く活きたサイトに変えると共に、キャンペーンを通じて、注目を失っていたサイトへ再びユーザーを呼び戻す策を講じました。

結果、営業がクロージング中心の刈り取り営業が可能となり、サイト価値が大幅に増加しました。

まずはお気軽にお問い合わせください
PAGE UP